ティップ(チップ)を究める

ご存知の通り、ダーツは「ティップ(チップ)」、「バレル」、「シャフト」、「フライト」の4つの部分から成り立っています。今日はティップ(チップ)について、詳しくお話しをしていきたいと思います。

 

ティップ(チップ)の特徴

 

ダーツ

 

ただ、正直言いまして、このティップ(チップ)はマイダーツをカスタマイズする上で、一番重要度が低いパートではないかと思います。

 

どのティップ(チップ)を使っても、飛行の安定性などには、あまり影響がありませんし、種類も基本的にはロングサイズとショートサイズの2種類だけです。それぞれの特性は以下の通りになります。

 

「ロングサイズ 」

メリット

  • ボードに刺さりやすい
  • グルーピングがしやすい

デメリット

  • 耐久性が低く、折れやすい
  • 先の部分が曲がりやすい

 

「ショートサイズ」

メリット

  • 耐久性が高く、折れにくい
  • 若干軽い

デメリット

  • グルーピングに不利

 

こんなところだと思います。やはり、グルーピングを考えると、ティップ(チップ)の部分が長ければ、その分バレルがぶつかり合いにくいので、ロングサイズは有利だと思います。

 

なので、軽ければ軽いほど良いと言う人以外は、ロングサイズの方がおすすめだと思います。また個人的には、重さの面でもそれほど差はないと思っています。もともと軽い部分ですし、ロングサイズでも、空洞を開けたりして、重さを軽くしているティップ(チップ)もあります。

 

ティップ(チップ)の主要メーカー

有名なティップ(チップ)のメーカーとしては、以下のものがあります。

 

  • リップポイント(Lip Point)
  • ハローズ(Harrows)
  • ユニコーン(Unicorn)
  • ブルズ・最強チップ(BULLS)
  • アトミック(Atomic)

 

あなたもいろいろ試してみて、自分に合ったメーカーを見つけてください。

 

 

 

人気ダーツマニュアルランキング!

ポール・リムが初公開!!「10日間ダーツ上達プログラム」

ポール・リム

生ける伝説ポール・リムが公開する ダーツ上達プログラム。 わずか10日で狙った場所にヒットできる その秘密とは? Cフライトの初心者でも一気にAフライトを目指せる10日間上達プログラム。
ダーツ投げ方,上達,練習法【小熊式】

小熊式

短期間で「Aフライト」になれるコツとは? ダーツ指導歴40年を超える小熊恒久氏が教える スキルアップメソッド!
2010年ダーツ王者 勝見翔が送るダーツ上達DVD【マルチアングルダーツフォームレッスン】

2010年ダーツ王者 勝見翔が送るダーツ上達DVD【マルチアングルダーツフォームレッスン】

SUPER DART2010王者・勝見翔の極秘メソッド。なぜ安定してAフライト級のスコアを出すことができるのか? その極意を余すことなく公開!

 

人気ダーツ上達マニュアル『ワンタン流』を実践レビュー!

ダーツ

※管理人がワンタン流マニュアルで練習。上達の過程はコチラ