シャフトの重さを究める

今回もシャフトについて、説明をしていきたいと思います。今回はシャフトの重さについて、解説をしていきます。

 

バレルのページでも、ご説明した通り、どちらかというと、重みがあるシャフトの方が飛行が安定しやすく、軽めのシャフトは細かいコントロールがしやすいと言われています。

 

シャフトの素材と特徴をチェック

それを踏まえて、素材別に解説していきます。現在の主流は、アルミニウム製とナイロン製(プラスチック製)になります。その他にはマイナーですが、チタニウム製なんていうのもあります。

 

「アルミニウム製」

  • 重みがある
  • 強度がある
  • 値段が高い

 

「ナイロン製(プラスチック製)」

  • ウエイトが軽い
  • 強度が低い
  • 値段が安い

 

「チタニウム製」

  • アルミ製よりも重い
  • 強度が最も強い
  • 値段が一番高い(1000円以上はします)

 

アルミニウム製、チタニウム製の方が重みがありますので、ダーツ全体の重心は後ろの方にいきますナイロン製の場合は、軽いので重心は前の方になります。ただ、重心や重さの面で考えると、バレルの影響の方が強いので、シャフトの場合はあくまで全体的なバランスを取るという意識で選んだほうがいいと思います。

 

そのため、個人的にはシャフトではあまり重さについては意識しません。それよりも長さで選ぶようにしていますね。

 

次回は、まとめとちょっと変わった特性のあるシャフトを紹介します。

 

 

 

人気ダーツマニュアルランキング!

ポール・リムが初公開!!「10日間ダーツ上達プログラム」

ポール・リム

生ける伝説ポール・リムが公開する ダーツ上達プログラム。 わずか10日で狙った場所にヒットできる その秘密とは? Cフライトの初心者でも一気にAフライトを目指せる10日間上達プログラム。
ダーツ投げ方,上達,練習法【小熊式】

小熊式

短期間で「Aフライト」になれるコツとは? ダーツ指導歴40年を超える小熊恒久氏が教える スキルアップメソッド!
2010年ダーツ王者 勝見翔が送るダーツ上達DVD【マルチアングルダーツフォームレッスン】

2010年ダーツ王者 勝見翔が送るダーツ上達DVD【マルチアングルダーツフォームレッスン】

SUPER DART2010王者・勝見翔の極秘メソッド。なぜ安定してAフライト級のスコアを出すことができるのか? その極意を余すことなく公開!

 

人気ダーツ上達マニュアル『ワンタン流』を実践レビュー!

ダーツ

※管理人がワンタン流マニュアルで練習。上達の過程はコチラ