フライトの形状を究める

フライトは単純に大きさの違いだけでなく、材質や形もいろいろな種類があります。

 

フライトの材質

まず材質についてですが、合成樹脂製(ポリフィルム製) 、紙製、フェザー製などがあり、特に合成樹脂製(ポリフィルム製) が現在の主流となっています。これは耐久性の面での影響が大きいと思います。

 

フライトはティップ(チップ)と並んで、ダメージを受けやすい消耗品ですので、耐久性があることは大事です。

 

フライトの形状

続いて形状についてですが、大きく分けると、以下の3つになります。

 

「Pタイプ(スタンダードタイプ)」

  • 正六角形に近い形
  • 山なりのような弧を描いて飛ぶ

 

「Xタイプ(ティアドロップタイプ)」

  • 楕円形に近く、涙のような形
  • Pタイプ(スタンダードタイプ)とSタイプ(スリムタイプ)の中間の特性
  • Pタイプよりも緩やかな弧を描いて飛ぶ

 

「Sタイプ(スリムタイプ)」

  • 細長い正六角形のような形
  • 直線的に飛ぶ

 

ダーツ画像

 

 

自分のダーツの飛ばし方に合わせて、選んでみると良いと思います。一般的には、Sタイプ(スリムタイプ)が一番小さくできているので、グルーピングには有利とされています。他にも、ハート形をしたフライトなど、個性的なものも有ります。

 

有名なフライトのメーカー

有名なメーカーとしては、以下のものがあります。

  • エス4(S4)
  • エアー(Air)
  • ディーエムシー(DMC)
  • フライト-エル(Flight-L)
  • ティガ(Tiga)
  • スーパーソニック(Super Sonic)
  • アールフォーエックス(R4X)
  • ハローズ(Harrows)
  • ユニコーン(Unicorn)
  • カメオ(CAMEO)
  • ウサギ(USAGI)

 

あなたもいろいろ試してみて、自分に合ったメーカーを見つけてください。

 

 

 

人気ダーツマニュアルランキング!

ポール・リムが初公開!!「10日間ダーツ上達プログラム」

ポール・リム

生ける伝説ポール・リムが公開する ダーツ上達プログラム。 わずか10日で狙った場所にヒットできる その秘密とは? Cフライトの初心者でも一気にAフライトを目指せる10日間上達プログラム。
ダーツ投げ方,上達,練習法【小熊式】

小熊式

短期間で「Aフライト」になれるコツとは? ダーツ指導歴40年を超える小熊恒久氏が教える スキルアップメソッド!
2010年ダーツ王者 勝見翔が送るダーツ上達DVD【マルチアングルダーツフォームレッスン】

2010年ダーツ王者 勝見翔が送るダーツ上達DVD【マルチアングルダーツフォームレッスン】

SUPER DART2010王者・勝見翔の極秘メソッド。なぜ安定してAフライト級のスコアを出すことができるのか? その極意を余すことなく公開!

 

人気ダーツ上達マニュアル『ワンタン流』を実践レビュー!

ダーツ

※管理人がワンタン流マニュアルで練習。上達の過程はコチラ