バレルの素材を究める

バレルはマイダーツをカスタマイズする上で、最も重要なパーツになりますので、何回かに分けて解説をしていきます。今日はバレルの素材について、お話をしていきます。

 

素材の違い

皆さんご存知の通り、バレルの素材は、タングステン合金とブラス(真鍮)が主流となっています(一部には、アルミ製や ステンレス製などの超軽量タイプのバレルもあるようですが)。特にタングステン合金は、かなり多くの方が使っています。それでは、それぞれの特性を解説していきます。

 

「タングステン合金」

  • 重い金属なので、同質量でもより重みが得られる
  • 値段が高い

 

「ブラス(真鍮)」

  • 比重の軽い金属
  • 値段が安い

 

一般的に、軽いダーツより重いダーツの方が飛行が安定するので、好まれます。そして、太いダーツより細いダーツの方がグルーピングに有利なので、好まれます。以上の点から、ブラス(真鍮)よりタングステン合金の方が、ダーツのバレルとしては、すぐれていると言えます。実際にタングステン合金を使われている人の方が多いですし、上級者はほとんどタングステン合金のバレルを使っています。

 

ただ、ブラス(真鍮)の方が値段は安いですし、初心者のうちは無理にタングステン合金にこだわらなくてもいいです。また、軽いダーツの方が細かいコントロールを付けやすいので、あえて軽いバレルを使うプレイヤーもいます。

 

 

 

人気ダーツマニュアルランキング!

ポール・リムが初公開!!「10日間ダーツ上達プログラム」

ポール・リム

生ける伝説ポール・リムが公開する ダーツ上達プログラム。 わずか10日で狙った場所にヒットできる その秘密とは? Cフライトの初心者でも一気にAフライトを目指せる10日間上達プログラム。
ダーツ投げ方,上達,練習法【小熊式】

小熊式

短期間で「Aフライト」になれるコツとは? ダーツ指導歴40年を超える小熊恒久氏が教える スキルアップメソッド!
2010年ダーツ王者 勝見翔が送るダーツ上達DVD【マルチアングルダーツフォームレッスン】

2010年ダーツ王者 勝見翔が送るダーツ上達DVD【マルチアングルダーツフォームレッスン】

SUPER DART2010王者・勝見翔の極秘メソッド。なぜ安定してAフライト級のスコアを出すことができるのか? その極意を余すことなく公開!

 

人気ダーツ上達マニュアル『ワンタン流』を実践レビュー!

ダーツ

※管理人がワンタン流マニュアルで練習。上達の過程はコチラ