刻み(カット)を究める

ダーツ

 

バレルはマイダーツをカスタマイズする上で、最も重要なパーツになりますので、何回かに分けて解説をしていきます。今日はバレルの刻み(カット)について、お話をしていきます。

 

グリップのしやすさと指離れの良さ

バレルには、いろいろな模様、溝が入っていますが、それらを刻みもしくはカットなどと言います。なぜ、わざわざ刻みが入っているかというと、グリップをした際に、滑りにくく、しっかりとホールドできるようにするためです。

 

なので、バレルを購入する際は、実際に自分で触ってみて、グリップ感の良いバレルを選ぶことが大事です。同じ材質のバレルでも、刻み(カット)によって、グリップ感は結構違うので、触って確認することが大事です。

 

ただ、その際に注意しなければいけないのは、スローイングの時に、リリースもしやすいかどうかということです。

 

ダーツ画像

 

 

一見、矛盾しているような話ですが、グリップ感にこだわりすぎると、うまくリリースできないことがあります。リリースの時に指離れが悪いと、コントロールがブレてしまうので、注意が必要です。

 

デザインで選ぶのも上達のポイント

あとは、刻み(カット)のデザインで選ぶというのもありだと思います。うまくなるということとは別になりますが、ダーツ自体ファッション性のあるゲームですし、楽しむことが大事です。楽しむことができれば、結果的に上達も早くなると思いますし、カッコいいなと思う刻みがあれば、ぜひ試してみてください。

 

 


 

人気ダーツマニュアルランキング!

ダーツ上達・ワンタン流 驚異のダーツ上達法

ワンタン流

98%の人が行っている間違った投げ方とは?
20年間ダーツ業界のNo.1に君臨し続けた
渡部紘士氏の究極のダーツ上達法!!
常にランキング上位に位置する超人気マニュアル。
管理人のレビューをチェックする方はコチラ
ダーツ投げ方,上達,練習法【小熊式】

小熊式

短期間で「Aフライト」になれるコツとは?
ダーツ指導歴40年を超える小熊恒久氏が教える
スキルアップメソッド!
ポール・リムが初公開!!「10日間ダーツ上達プログラム」

ポール・リム

生ける伝説ポール・リムが公開する
ダーツ上達プログラム。
わずか10日で狙った場所にヒットできる
その秘密とは?