バレルの形状を究める

バレルはマイダーツをカスタマイズする上で、最も重要なパーツになりますので、何回かに分けて解説をしていきます。今日はバレルの形状について、お話をしていきます。

 

形状の違いを知ろう

バレルの形状は、細かく分けると、スタンダードタイプ、砲弾タイプなど、いろいろありますが、基本的にはストレートタイプとトルピードタイプの違いを押さえておけば、大丈夫だと思います。

 

ストレートタイプは、バレル全体が同じ太さで、細長い形をしています。トルピードタイプの方は、ティップ(チップ)側の方が太く、シャフト側に行くにつれて、細くなっています。

 

それでは二つのタイプの特性について解説していきます。

 

「ストレートタイプ」

  • グルーピングに有利
  • 重心がわかりにくい
  • コントロールがつけにくい

 

「トルピードタイプ」

  • リリースの際、力が伝わりやすい
  • コントロールがしやすい
  • 前の方が太く、重いので、重心がわかりやすい
  • グルーピングに不利

 

ダーツ画像

 

 

こうして見ると、それぞれ一長一短がありますね。ストレートタイプは、同じ太さなので、力はかけにくいですが、細い分グルーピングには有利です。トルピードタイプは、前の方が太くなっているので、指の力が伝わりやすくコントロールもしやすいですが、その太さがグルーピングには不利になります。

 

レベルに合せて、選ぶのもポイント

一般的には、コントロールが安定しない初心者のうちはトルピードタイプを、ある程度上手くなり、グルーピングを重視する中級者以上の人はストレートタイプを選ぶのが良いとされています。

 

もちろん初心者の人でも、早く上手くなりたいからとストレートタイプを選ぶのも良いですし、うまくなっても、自分に合うからと、そのままトルピードタイプを使うのも有りだと思います。何より、自分に合うダーツを使うことが大事ですからね。

 

 

 

人気ダーツマニュアルランキング!

ポール・リムが初公開!!「10日間ダーツ上達プログラム」

ポール・リム

生ける伝説ポール・リムが公開する ダーツ上達プログラム。 わずか10日で狙った場所にヒットできる その秘密とは? Cフライトの初心者でも一気にAフライトを目指せる10日間上達プログラム。
ダーツ投げ方,上達,練習法【小熊式】

小熊式

短期間で「Aフライト」になれるコツとは? ダーツ指導歴40年を超える小熊恒久氏が教える スキルアップメソッド!
2010年ダーツ王者 勝見翔が送るダーツ上達DVD【マルチアングルダーツフォームレッスン】

2010年ダーツ王者 勝見翔が送るダーツ上達DVD【マルチアングルダーツフォームレッスン】

SUPER DART2010王者・勝見翔の極秘メソッド。なぜ安定してAフライト級のスコアを出すことができるのか? その極意を余すことなく公開!

 

人気ダーツ上達マニュアル『ワンタン流』を実践レビュー!

ダーツ

※管理人がワンタン流マニュアルで練習。上達の過程はコチラ