テイクバックを究める

スローイングは、「構え方(ユーミング)」「テイクバック」「リリース」「フォロースルー」4つのパートに分かれますが、今日はテイクバックについて、詳しくお話をしていきます。

 

テイクバックは、反動をつけてダーツを投げるために、一旦腕を手前に引くという単純な動作ですが、やはり人によって違いがあります。肩の方まで思いっきり腕を引く方やあまり引かずにそのままスローイングに入る方、また何回もテイクバックを繰り返してからスローイングに入る方、本当に様々です。

 

一番大事なこと

自分に合ったスタイルを見つけることが大事ですので、どのスタイルが一番良いというのは決められませんが、共通して大事なことは、ひじの位置を左右に動かさないということです。

 

ダーツ画像

 

 

どんなに他が良くても、ひじの位置が左右に動いたり、ブレたりすると、どうしてもコントロールが安定しません。テイクバックの際、手に併せてひじの位置が上下に動きますが、その際左右にブレないよう、しっかりと固定をすることが大事です。

 

 

自分の場合は、逆向きの振り子をイメージして、スローイングをしています。ひじを支点にして、手を振り子のように振る感じですね。肘がブレず、コントロールが安定するので、投げる際は必ず意識しています。

 

ダーツ

 

 

あとは腕を引いた際に、手のひらがしっかりと上を向いていると良いとされています。斜めになっていたりすると、斜めに向いた方向に、ダーツが飛んでしまったりするので、気をつけてみてください。

 

人気ダーツマニュアルランキング!

ダーツ上達・ワンタン流 驚異のダーツ上達法

ワンタン流

98%の人が行っている間違った投げ方とは?
20年間ダーツ業界のNo.1に君臨し続けた
渡部紘士氏の究極のダーツ上達法!!
常にランキング上位に位置する超人気マニュアル。
管理人のレビューをチェックする方はコチラ
ダーツ投げ方,上達,練習法【小熊式】

小熊式

短期間で「Aフライト」になれるコツとは?
ダーツ指導歴40年を超える小熊恒久氏が教える
スキルアップメソッド!
ポール・リムが初公開!!「10日間ダーツ上達プログラム」

ポール・リム

生ける伝説ポール・リムが公開する
ダーツ上達プログラム。
わずか10日で狙った場所にヒットできる
その秘密とは?