スタンスのまとめ

オープンスタンス(フロントスタンス)、スタンダードスタンス(ミドルスタンス)、クローズドスタンス(サイドスタンス)について、それぞれ解説をしてきました。みなさん、いかがだったでしょうか。まだ、ご覧いただいてない方は、各スタンスのページをご覧いただいてから、こちらを見てください。

 

ダーツ

 

 

実際には、スタンダードスタンスが一般的ですので、みなさんもスタンダードスタンスが一番しっくりくるという人が多いと思います。ただ、グリップと同じで、本当に人それぞれ好みが違ってきますので、オープンスタンスやクローズドスタンスでも、全く問題ないと思います。

 

またスタンダードスタンスでも、若干クローズドスタンス寄りのスタンス、オープンスタンス寄りのスタンスという形も有りだと思うので、三つのスタンスにこだわらず、自分に一番しっくりくる形を探してみてください。

 

レノが採用しているスタンスは…?

ちなみに自分はクローズドスタンスを選択しています。理由としては、やはり腕をまっすぐ振ることができれば、狙い通りにダーツがヒットしてくれるというところですね。

 

体が柔らかくないと、結構窮屈に感じますが、メリットは十分あると思うので、スタンダードスタンスで、狙い通りにダーツが飛んでくれないという人は、一度試してみると良いと思います。思いのほか、上達が早くなるかもしれないですよ。

 

 

 

 

人気ダーツマニュアルランキング!

ダーツ上達・ワンタン流 驚異のダーツ上達法

ワンタン流

98%の人が行っている間違った投げ方とは?
20年間ダーツ業界のNo.1に君臨し続けた
渡部紘士氏の究極のダーツ上達法!!
常にランキング上位に位置する超人気マニュアル。
管理人のレビューをチェックする方はコチラ
ダーツ投げ方,上達,練習法【小熊式】

小熊式

短期間で「Aフライト」になれるコツとは?
ダーツ指導歴40年を超える小熊恒久氏が教える
スキルアップメソッド!
ポール・リムが初公開!!「10日間ダーツ上達プログラム」

ポール・リム

生ける伝説ポール・リムが公開する
ダーツ上達プログラム。
わずか10日で狙った場所にヒットできる
その秘密とは?