リリースを究める

ダーツ

 

スローイングは、「構え方(ユーミング)」「テイクバック」「リリース」「フォロースルー」4つのパートに分かれますが、今日はリリースについて、詳しくお話をしていきます。

 

 

リリース時に気をつけてる2つのポイント

リリースは、ダーツを放す動作のことを指しますが、ここではテイクバックで腕を引いてから、フォロースルーに入るまでの動作を解説していきます。流れとしては、まずテイクバックで引いた腕をまた同じように戻し、最後にダーツを放します。ここで大事なのは以下の2点です

 

  • ひじを左右に動かさない
  • すべての指を同時に放す

 

ダーツ画像

 

 

ひじを左右に動かさない

もう、ひじのことはさんざん言ってきたので、お分かりだと思いますが、ユーミングからテイクバックまで、せっかくひじを固定してきても、最後のリリースでひじを左右に動かしてしまっては、全く意味がありません。最後までしっかりとひじの位置を固定して、リリースをしてください。これがブレてしまうと、コントロールが安定しません。

 

すべての指を同時に放す

また、意外にむずかしいのが、ダーツを握っている指を一斉に放すことです。どれか1本でも指が残ってしまいますと、その指からダーツに力が加わってしまい、微妙に狙いがズレてしまいます。あまり意識しすぎるのも問題ですが、できるだけ同時に指が離れるように気をつけてください。

 

リリースは以上の2点を気をつけるだけで、大分良くなると思います。

 

ダーツを離すポイントは意識しすぎないこと

また、リリースするポイントについてですが、よく一番高い位置でリリースすることが大事と言われます。ただ、個人的には、人それぞれ投げやすいポイントがあると思うので、それほど気にしなくてもいいんじゃないかなって思ってます(あくまでも個人的にですけど、汗)。

 

実際、自分が投げやすいポイントでリリースしていると、自然と一番高い位置なったりするので、あまり意識しすぎなくてもいいかなと。気にしすぎると、他の部分ができなくなったりしますから(ちなみに自分は最初、高い位置でリリースすることに意識が行き過ぎて、スムーズに腕が振れませんでした)。

 

あと、当たり前ですが、リリースポイントは1度決めたら、投げる度に変えたりせず、しっかり固定しておきましょう。


 

人気ダーツマニュアルランキング!

ダーツ上達・ワンタン流 驚異のダーツ上達法

ワンタン流

98%の人が行っている間違った投げ方とは?
20年間ダーツ業界のNo.1に君臨し続けた
渡部紘士氏の究極のダーツ上達法!!
常にランキング上位に位置する超人気マニュアル。
管理人のレビューをチェックする方はコチラ
ダーツ投げ方,上達,練習法【小熊式】

小熊式

短期間で「Aフライト」になれるコツとは?
ダーツ指導歴40年を超える小熊恒久氏が教える
スキルアップメソッド!
ポール・リムが初公開!!「10日間ダーツ上達プログラム」

ポール・リム

生ける伝説ポール・リムが公開する
ダーツ上達プログラム。
わずか10日で狙った場所にヒットできる
その秘密とは?